化粧品のオンパック・シュリンク包装サービス

化粧品のオンパック・シュリンク包装

鈴ヤ商事の化粧品オンパック・シュリンク包装サービス

このような方におすすめ

サービスの特徴

化粧水やクリーム、クレンジング剤などのスキンケア商品、ファンデーションや口紅、アイシャドウなどのメークアップ商品のオンパック・シュリンク包装に対応しています。

化粧品製造業許可を取得!

化粧品製造業許可を取得していますので、保管状況により品質が左右されるおそれのある化粧品類の取扱も安心してお任せいただけます。化粧品を輸入して直接弊社倉庫に持ち込み、検品を行って市場に流通させることも可能。商品のパッケージ入れ替えや成分表示シール・薬事ラベルの添付、効能書きの封入など、一般的な物流業者では対応できるところの少ない業務にも対応できます。

シュリンク包装

弊社では、主力包装技術としてシュリンク包装に重点を置き、設備面・オペレータ面の充実を図っています。仕上がりには自信を持っていますので、現在の業者の仕上がりに不満があるという方は、ぜひ弊社のシュリンク包装の仕上がりをお確かめください。被せ式、三方式、L型式の3種の機械を有しているため、幅広い対応が可能です。

  • 三方式自動シュリンク(2ライン)日産15,000~25,000本(定量)
  • 被せ式シュリンク(7ライン)日産10,000~15,000本/1ライン
  • 丸タイプ・角タイプ・エアゾール・箱物・液詰め品
シュリンク(オンパック) 三方シュリンク
シュリンク(オンパック) 三方シュリンク 1 三方シュリンク 2
シュリンク包装とは?

シュリンク(shrink)とは、「収縮」という意味。物流業では、主に汚れ防止などのために商品を透明フィルムで密封することを言います。薬・化粧品類のパッケージや、CDケースなどをカバーしている透明フィルムなどが代表的。製品をそれぞれのサイズに合ったプラスチックフィルムの袋に入れたり、覆ったりしたうえでシュリンカー機械に通して加熱すると、袋が縮んでピッタリと製品を覆うことができる仕組みになっています。

ピロー包装

弊社は、業界では数少ないピロー包装にも対応しています。あらゆる形状の商品に対応させていただきますので、試供品やサンプル品などの大口包装などにぜひご活用ください。

ピロー包装とは?

ピロー(pillow)=「枕」の名の通り、プラスチックフィルムを枕状に包装する技術です。シュリンク包装が空気を抜いた状態で製品の形状にピッタリとフィットするように覆うのに対し、ピロー包装は製品をフィルムで袋状に覆った後、空気を入れたまま左右または上下をヒートシールで圧着します。おせんべいやインスタントラーメンなどの食品や薬の分包、文具類などの個別包装などによく利用されます。

お問い合わせはこちら